仙台産婦人科home > 女性内科

女性内科

女性内科のご案内

女性の一生の主治医として

当院の特徴は女性内科があることです。医学は男性の体をもとにして研究され発達してきました。
しかし最近、女性の体は男性と異なることが認識され、性差に基づいた医療が行われるようになってきました。
たとえば、女性も40歳を過ぎたごろからコレステロール値や、血圧が高くなることがありますが、これは女性ホルモンが低下することが大きく関わっています。そのため、ただコレステロールを下げる薬や降圧剤を処方するのではなく女性であることを意識した治療をすることが大切です。女性のライフサイクルは女性ホルモンの分泌の変化により小児期、思春期、性成熟期、更年期、老年期と分けることができます。
そしてそれぞれの時期に合わせて適切な治療が必要となります。
私たち産婦人科医は女性の一生の主治医としてふさわしいと考えます。
このような考えから当院では女性内科を開設いたしました。
女性内科は副院長と日本内科学会総合内科専門医である橋信孝医師が担当いたします。

毎週月曜日 午後4時から午後6時 日本内科学会総合内科専門医による診療

女性の高血圧、肝機能障害、脂質異常症、糖尿病が増えています。当院でもこのような疾患の患者様が多くみえるようになりました。そこで日本内科学会総合内科専門医である橋信孝医師による女性内科専門診療日を設けることにいたしました。橋信孝医師は超音波指導医でもあるため腹部超音波による検査も可能です。また健康診断の結果のご相談にも丁寧にお答えして治療いたします。

プロフィール
日本内科学会総合内科専門医 橋信孝
経歴
  • 平成3年 大原綜合病院内科研修医
    平成5年 東北大学病院消化器内科(旧第三内科)
    平成8年 仙台医療センター消化器科医長(旧国立仙台病院)
    平成11年 仙台市立病院消化器科医長
    平成21年 株式会社 橋信孝労働衛生コンサルタント事務所所長
指導医および専門医資格
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本肝臓学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会指導医
  • 日本超音波医学会指導医
  • 検診マンモグラフィー読影医(精度管理中央委員会)
  • 労働衛生コンサルタント
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本医師会認定健康スポーツ医
  • THP指導者健康測定医(中央労働災害防止協会)
  • 心理相談員(中央労働災害防止協会)
  • 日本消化器がん検診学会認定医